C++でVST作り

C++でVST作り

本サイトではこのサイトではVST/VSTiプラグイン(エフェクター、ソフトシンセ)を作成するための情報をメモしております。

【主なコンテンツ】

自作アプリ 自作VSTプラグイン 自作VSTプラグインを公開しております。
プログラミング情報 VST3.6プラグインの作り VSTプラグインを作成するための手順を記載しています。(SDK 3.6.8版)
簡単なデジタルフィルタ 極力高度な数学(Z変換、伝達関数 等)を使わずに簡単にデジタルフィルタを設計・実装できる方法を紹介しております。
エフェクター実装例 ディストーションやコーラス等のエフェクターの実装例を紹介しております。
SoundFontファイルの読み込み SoundFontファイルの読み込みと組み立てについて説明しております。
現在作成中です。

【その他】
■各コンテンツや掲示板Twitterにコメントに要望やご意見、応援をいただけるとうれしいです。 →掲示板

■Twitterアカウント:@vstcpp   URL:https://twitter.com/vstcpp

■Youtubeチャンネル:うつぼかずら URL:https://www.youtube.com/channel/UCDl-jNREvFXbLvmDbn-6dag

■本サイトは旧サイト(http://www39.atwiki.jp/vst_prog/)の編集パスワード紛失により移転したサイトとなります。

VST SDK 3.6.12が公開されました

VST SDK 3.6.12が公開されました。

参考→sdk.steinberg.net

変更点は下記のようです。(公式サイトとマニュアルからの翻訳ですが英語は自信がないです。)

  • VST GUI
    • スプラッシュスクリーンがクラッシュする不具合を修正。
    • Win32におけるVST GUIツールでの編集の不具合を修正。
    • その他 クリーンアップを実施。
  • インターフェイスの修正
    • イベントタイプにLegacyMIDICCOutEventを追加。プラグイン内で生成したMIDI CCを出力できるように。
    • IMidiLearnインターフェイスを追加。カスタムMIDI Learn機能を実装するために、操作中のMIDI CCを取得でいるように
    • IPlugInterfaceSupportインターフェイスを追加。ホストがプラグインにサポートされているかや使用中かどうかを取得でいるように
    • IVst3WrapperMPESupportインターフェイスを追加。MEP(MIDI Polyphonic Expression)を設定するためのWrapper
  • サンプルの追加・修正
    • LegacyMIDICCOutEvent用のサンプルを追加。
    • NoteExpressionSynthサンプルにIMidiLearnとIVst3WrapperMPESupportの機能を追加。
  • 修正・改善の実施
    • CMakeファイルについていくつかの修正を実施。
    • CMakeファイルでWIN_PDBをWIN_PDB32とWIN_PDB64に分離。
    • Audio Unit v3 (AUv3) Wrapperを更新。MEPを簡単に利用できるように。(macOS/iOSにサインインするための証明書が必要なことに注意)
    • Audio Unit v3 (AUv3) Wrapperのフォルダを再構成。
    • AAX Wrapperのオートメーションの不具合を修正
    • ST2 Wrapperのエディタの2重解放の不具合を修正
    • イベント用のヘルパークラス・関数を新たに追加(steventshelper.h)

VST3.6についての情報は下記にもございます。

また、質問やご指摘はコメント欄や掲示板Twitterでいただけばとおもいます。

掲示板
■Twitterアカウント:@vstcpp   URL:https://twitter.com/vstcpp

VST SDK 3.6.11が公開されました

VST SDK 3.6.11が公開されました。

参考→sdk.steinberg.net

変更点は下記のようです。(公式サイトとマニュアルからの翻訳ですが英語は自信がないです。)

  • INoteExpressionPhysicalUIMappingインターフェイス
    • これにより、VST3プラグインのNote-Expressionと物理UIのマッピングをホストが取得可能に
  • VST GUI
    • VST GUIが4.7にバージョンアップ
    • Linuxで使用していたGUIライブラリをGTK+からXCBに変更
    • ドラッグ&ドロップの処理を再設計
    • 新しいイメージステッチャーツール
    • WindowsのGUI描画処理をGDI+からDirect2Dに変更
    • Windowsにおいて、ビットマップのドラッグ処理をサポート
    • Windows 7のスタンドアロンライブラリをサポート
  • 修正・改善の実施
    • VST 2.4のインターフェイスの利用不可に
    • CMakeで作成されるユーザプロジェクトを改善
    • VST2ラッパーを修正
    • AAXラッパーを修正
    • Parameterクラスのいくつかの関数をvirtualに
  • VST3用アイコンのバンドル
    • 新しくVST3用アイコンがバンドルされるように
    • アイコンはVST_SDK/VST3_SDK/doc/artworkフォルダに保存(VST_Logo_Steinberg.icoとVST_Logo_Steinberg.icns)

VST3.6についての情報は下記にもございます。

また、質問やご指摘はコメント欄や掲示板Twitterでいただけばとおもいます。

掲示板
■Twitterアカウント:@vstcpp   URL:https://twitter.com/vstcpp

.WAV Playerの更新

.wavファイル プレイヤー – .WAV Playerを更新しました。

.WAV PlayerはGUI上から簡単にキーに.wavファイルをアサインして再生することのできるVST3プラグインです。
より使いやすくなるよう、設定の保存と読み込み機能を追加いたしました。

※更新したページ → .wavファイル プレイヤー – .WAV Player

不具合・要望についてはコメント欄か掲示板Twitterでご連絡いただけると助かります。(掲示板、コメント欄は匿名で記載可能です。)

掲示板
■Twitterアカウント:@vstcpp   URL:https://twitter.com/vstcpp

.wavファイル プレイヤー – .WAV Player

概要

.WAV PlayerはGUI上から簡単にキーに.wavファイルをアサインして再生することのできるVST3プラグインです。
.wavファイルを一覧化しすぐに読み出せるようにすることで管理しやすくし、さらにキーに割り当てることでリズム用の音源としても使いやすくできればと思い作成いたしました。

下記のリンクよりダウンロードできます。

  Download→ WAVPlayer_x64_v1.0 (64bit)

もっと見る