VST3.6勉強中 6 – VST3プラグインのパラメーター実装方法2

VST3プラグインのパラメーター実装方法2

前回はパラメーターを実装しましたが、0.0~1.0の範囲の値しか表示できませんでした。
実際にVSTプラグインを作成する際には、0~1の間だけでなくいろいろな値を表示する場合があると思います。

今回は任意の範囲を表示するパラメーターと文字列リストを表示するパラメーターを実装したいと思います。

今回作成するプラグインは下記のとおりです。

  • ボリュームコントロール、トレモロ、パンニングの機能を持つエフェクター
  • パラメーターは3つ
  • ボリュームコントロール(0.0~1.0の範囲のパラメーター)
  • トレモロスピード(0.5~30.0Hzの範囲のパラメーター)
  • トレモロタイプ(ボリュームコントロール・トレモロ・パンニングの文字列リストパラメーター)
  • 入力バス、出力バスは1つで、共にステレオ(2ch)
  • 20150929

    今回の内容は前回の説明をもとにしていますので、パラメーターの追加方法等については、前回の説明をご参照ください。
    「バス」についての概念はこちらに記載したとおりです。

    任意の範囲を表示するパラメーター

    任意の範囲(例えば0.5Hz~30Hz 等)を表示するためには、RangeParameterクラスを使用します。

    続きを読む

    VST3.6勉強中 5 – VST3プラグインのパラメーター実装方法1

    VST3プラグインのパラメーター実装方法1

    前々回は最小構成のVST3のプラグインを作成いたしました。
    今回は前々回のVST3プラグインにパラメーターを追加します。

    今回作成するプラグインは下記のとおりです。

    • パラメーターは1つ(ボリュームコントロール)
    • 入力のボリュームをパラメーターにより調整して出力する
    • 入力バス、出力バスは1つで、共にステレオ(2ch)

    「バス」についての概念は前回記載したとおりです。

    パラメーター操作クラスの作成

    まずはパラメーター操作を行うクラスを作成します。

    続きを読む

    VST3.6勉強中 4 – VST3のバスについて

    VST3のバスについて

    前回は最小構成のVST3プラグインを作成しましたが、その中にあったバスの概念について簡単にメモいたします。

    VST3のプラグインには「バス」というものがあります。

    「バス」とはコンピュータでは”データの流れる道”になります。
    VST3のプラグインには「AudioBus」と「EventBus]の2種類のバス(データの流れる道)があります。

    • AudioBus
    • オーディオデータ(音声波形データ)の流れる道。
      オーディオバスには「モノラルのオーディオバス」や「ステレオのオーディオバス」等の構成がある。

    • EventBus
    • イベントデータ(ノートオン、ノートオフメッセージ等)の流れる道。

    続きを読む

    VST3.6勉強中 3 – 最小構成のVST3

    最小構成のVST3

    前回はVST3のプラグインを作成する際のVisual Studioのプロジェクト作成についてメモいたしましたので、今回は最小構成のVST3プラグインを作成します。

    今回作成するプラグインは下記のとおりです。

    • パラメーターはなし
    • 入力をそのまま出力する
    • 入力バス、出力バスは1つで、共にステレオ(2ch)

    上記にある「バス」についての概念は次回あたりで記載できればと思います。

    音声処理を行うクラスの作成

    まずはVSTプラグインの中心となる音声処理を行うクラスを作成します。
    続きを読む

    VST3.6勉強中 2 – VST3作成の準備

    VST3作成の準備

    VST SDK 3.6でVST3を作成する際のプロジェクト作成方法についてメモいたします。
    開発環境はVisual Studio Express 2013 for Windows Desktopを想定しています。

    VST3の基本ライブラリの作成

    VST3を作る場合は基本ライブラリが必要になります。

    基本ライブラリは、ダウンロードしたSDKの中にありますが、ソースファイルからコンパイル・ビルドする必要があります。
    「VST3 SDK\base\win\base_vc10.vcxproj」をVisual Studio開いて、そのままビルドすれば基本ライブラリ「base_vc10.lib」が完成します。

    デバッグ版とリリース版の両方作成しておきます。
    続きを読む