VST3.6.8 TIPSの更新

VST3.6.8 TIPSの更新

開発環境にVisual Studio 2013以前を使用する場合を更新しました。

Visual Studio 2013においてVST SDK 3.6.6以前のものしか利用できないとのご連絡を頂きましたので内容を修正・更新いたしました。

※更新したページ → 開発環境にVisual Studio 2013以前を使用する場合

ご参考になればと思います。

VST SDK 3.6.8への対応

VST SDK 3.6.8への対応

はじめてのVST3.6プラグインの作りをVST SDK 3.6.8に対応いたしました。

複数ページにわたって更新しておりますので、まだまだ誤記なとが残っている可能性がございますがご了承ください。
(ご指摘いただけると幸いです。)

  はじめてのVST3.6.8プラグインの作り

ご指摘やご質問は各コンテンツページや掲示板Twitterでいただけばとおもいます。

掲示板
■Twitterアカウント:@vstcpp   URL:https://twitter.com/vstcpp

簡単なデジタルフィルタの実装の更新

簡単なデジタルフィルタの実装を更新しました。

Q値等についての説明が不足していましたので、各デジタルフィルタのパラメータ説明を若干修正いたしました。
また、各デジタルフィルタの周波数特性グラフも追加いたしました。

※更新したページ → 簡単なデジタルフィルタの実装

ご参考になればと思います。

VST SDKダウンロード方法の更新

コメントでいただいた情報なのですが、いつの間にやらVST SDKは会員登録なしでダウンロードできるようになったようです。
これに合わせ、VST SDKのダウンロードの説明ページを更新いたしました。

  Steinberg公式サイト 3rd Party Developerページ

  ※VST SDKのダウンロード(更新したページ) → VST SDKをダウンロードする

また、MicroSoft社の開発環境である、Visual StudioもExpress以外に無償で使用できる新しいエディションができたようです。
Visual Studio 2013 Express自体はまだダウンロードできるようですが、今後廃止されるようですので、「開発環境のインストール方法」もそのうち修正したいと思います。

  Microsoft Visual Studioページ

現時点ですでにVisual Studio 2013 Expressのダウンロードリンクのページが変わっているようです。

  Microsoft Visual Studio Expressのダウンロードページ

VST3.6勉強中の整理

「VST3.6勉強中」の中でソースコード全体が見たいとの要望がありましたので添付しました。
また、各メモにサブタイトルを付けました。ご参考になればと思います。

VST3.6勉強中
VST3.6勉強中 2 – VST3作成の準備
VST3.6勉強中 3 – 最小構成のVST3
VST3.6勉強中 4 – VST3のバスについて
VST3.6勉強中 5 – VST3プラグインのパラメーター実装方法1

簡単なデジタルフィルタの実装について

簡単なデジタルフィルタの実装を作成いたしました。
極力高度な数学(Z変換、伝達関数 等)を使わずに簡単にデジタルフィルタを設計・実装できる方法を紹介いたします。

説明についてはこちらです。 → 簡単なデジタルフィルタの実装