VST3.6開発08 – VST3プラグインのパラメーター内容の保存方法

VST3プラグインのパラメーターを保存する方法

前回まででいろいろなパラメーターを実装しました。

【参考】

パラメータ実装方法 パラメータ自体を実装する方法
パラメータ実装方法2 0.5~30.0の範囲や文字列リスト等のパラメーターを実装する方法。
パラメータ実装方法3 「フィルタのカットオフ周波数」等の線形でないパラメータを実装する方法を記載

しかし、VSTを終了し再度起動してもパラメーターがデフォルト値に戻ってしまっていたかと思います。
それはVST3ではパラメーター内容を保存する処理を自分で記載しなければならないためです。
今回は作成したパラメーターの値を保存する方法について記載したいと思います。

今回作成するプラグインはVST3プラグインのパラメーター実装方法で作成したプラグインをベースにします。
(コントロールの実装以外に余計なコードが少ないためです。)

  • パラメーターは1つ(ボリュームコントロール)
  • 入力のボリュームをパラメーターにより調整して出力する
  • 入力バス、出力バスは1つで、共にステレオ(2ch)

今回の内容はいままでのパラメータの実装方法をベースにしています。上記の参考についても必要に応じてご参照ください。
なお、「バス」についての概念はこちらに記載したとおりです。

今回作成したVST3のソースファイルはこちらになります。 → 20171105_vst3
コンパイル・ビルドの方法は簡単にこちらでご説明しております。ご参考までに。→サンプルソースファイルのビルド方法

パラメーターを保存・読込するための関数

パラメーターを保存・読込するためには、音声処理クラスとパラメータ操作クラスで必要な関数をオーバーライドします。

  1. 音声処理クラス(AudioEffectを継承したクラス)でパラメーターを保存するためのgetState()関数をオーバーライドする
  2. 音声処理クラス(AudioEffectを継承したクラス)でパラメーターを読み込むためのsetState()関数をオーバーライドする
  3. パラメーター操作クラス(EditControllerを継承したクラス)でパラメーターを読み込むためのsetComponentState()関数をオーバーライドする

それぞれの関数は下記のように定義しオーバーライドします。

【processor.h】

【controller.h】

各メンバー関数の引数などは下記のとおりとなります。

  • getState()関数
  • 概要 継承元のAudioEffectクラスからオーバーライドしたパラメータやその他のデータを保存するための関数
    DAWの終了時やプリセット保存時に呼び出される
    戻り値 概要
    tresult 正常に変換出来た場合はkResultOk、失敗した場合はkResultFalseを返す。
    引数 変数名 概要
    IBStream* state VSTデータ入出力ストリームクラスへのポインタ
    このクラスを利用して、パラメータやデータを保存する
  • setState()関数
  • 概要 継承元のAudioEffectクラスからオーバーライドしたパラメーターやその他のデータを読み込むための関数
    DAWの開始時やプリセット読込時に呼び出される
    戻り値 概要
    tresult 正常に変換出来た場合はkResultOk、失敗した場合はkResultFalseを返す。
    引数 変数名 概要
    IBStream* state VSTデータ入出力ストリームクラスへのポインタ
    このクラスを利用して、パラメータやデータを読み込む
  • setComponentState()関数
  • 概要 継承元の(EditControllerクラスからオーバーライドしたパラメーターやその他のデータを読み込むための関数
    DAWの開始時やプリセット読込時に呼び出される
    戻り値 概要
    tresult 正常に変換出来た場合はkResultOk、失敗した場合はkResultFalseを返す。
    引数 変数名 概要
    IBStream* state VSTデータ入出力ストリームクラスへのポインタ
    このクラスを利用して、パラメータやデータを読み込む

パラメーターを保存・読込するための関数の実装

実装はは下記のようにしています。

【processor.cpp】

【controller.cpp】

getState()関数はホスト(DAWなど)がVSTの状態を保存する際に呼び出されます。
引数であるIBStream* stateを使用して必要なデータを書き込みます。
IBStreamについては後述しますが、難しく考える必要はなくファイル操作と同じ感覚で使用すれば問題ありません。
基本的にはstate->write()を使用します。

setState()関数とsetComponentState()関数はホスト(DAWなど)がVSTの状態を反映させる際に呼び出されます。
引数であるIBStream* stateを使用して必要なデータを読み込みます。
基本的にはstate->read()を使用します。

ちなみにパラメーター操作クラスにもsetState()関数やgetState()ありますがここでは割愛します。
(パラメーター操作クラスだけにしかない何らかのデータを保存する際に使用します。)

IBStreamクラスについて

IBStreamクラスはVSTのデータ入出力ストリームクラスです。
データ入出力ストリームクラスですので、ファイル操作と同じ感覚で使用すれば問題ありません。

IBStreamクラスには下記の4つの関数があります。

  • read()関数
  • 概要 入出力ストリームからデータを読み込む関数
    戻り値 概要
    tresult 成功すればkResultTrue、失敗すればkResultFalseとなる
    引数 変数名 概要
    void* buffer 読み込んだデータを保存するためのバッファ
    int32 numBytes 読み込むバイト数。バッファサイズよりも小さくなければならない
    int32 numBytesRead 実際に読み込まれたバイト数。省略可。
    省略した場合や0を指定すると無視される
  • write()関数
  • 概要 入出力ストリームにデータを書き込む関数
    戻り値 概要
    tresult 成功すればkResultTrue、失敗すればkResultFalseとなる
    引数 変数名 概要
    void* buffer 書き込むデータの保存されたバッファ
    int32 numBytes 書き込むバイト数。>バッファサイズよりも小さくなければならない
    int32 numBytesRead 実際に書き込まれたバイト数。省略可。
    省略した場合や0を指定すると無視される
  • tell()関数
  • 概要 入出力ストリーム中のどの位置にあるかを確認する関数
    戻り値 概要
    tresult 成功すればkResultTrue、失敗すればkResultFalseとなる
    引数 変数名 概要
    int64* pos 現在の位置を格納するためのポインタ
  • seek()関数
  • 概要 入出力ストリーム中の位置を設定する関数
    戻り値 概要
    tresult 成功すればkResultTrue、失敗すればkResultFalseとなる
    引数 変数名 概要
    int64 pos 設定する位置。modeに応じて挙動が変わる
     modeがkIBSeekSetの場合…入出力ストリームの先頭からのバイト数を設定する
     modeがkIBSeekCurの場合…現在の位置からのバイト数を設定する
     modeがkIBSeekEndの場合…入出力ストリームの終わりからのバイト数を設定する
    int32 mode 位置を設定するためのモード。kIBSeekSet、kIBSeekCur、kIBSeekEndのいづれかを設定する
    int64 result 実際に設定された位置。省略可。
    省略した場合や0を指定すると無視される

パラメーター保存・読込関数の呼び出されるタイミング

パラメーター保存・読込関数の呼び出されるタイミング、順番は下記の通りです。

【ホスト(DAWなど)で上書き保存や名前を付けて保存などを行った場合などに呼び出される関数】

手順 データ保存先領域
1 音声処理クラスのgetState()関数。 音声処理クラス用のデータ領域
2 パラメーター操作クラスのgetState()関数。 パラメータ操作クラス用のデータ領域

【タイミング ホスト(DAWなど)の起動時やプロジェクトを読み込んだ場合などに呼び出される関数】

手順 データ読み込み先領域
1 音声処理クラスのsetState()関数。 音声処理クラス用のデータ領域
2 パラメーター操作クラスのsetComponentState()関数。 音声処理クラス用のデータ領域
2 パラメーター操作クラスのsetState()関数。 パラメータ操作クラス用のデータ領域

setComponentState()関数は音声処理クラスの情報をパラメーター操作クラスに反映させるためにあります。読み込み先の領域にご注意ください。

最後に

以上でパラメーターを保存する方法することができます。
今回は単純にfloat型のデータを一つだけを保存しましたが、バージョン情報や文字列などを保存することも可能です。

次回はMIDIのノートオン/ノートオフメッセージを受信する方法を記載したいと思います。

今回作成したVST3のソースファイルはこちらになります。 → 20171105_vst3
コンパイル・ビルドの方法は簡単にこちらでご説明しております。ご参考までに。→サンプルソースファイルのビルド方法

VST3.6.8プラグインの作りの情報はこちらにもございます → はじめてのVST3.6.8プラグインの作り

ご指摘やご質問などがございましたら、コメント欄か掲示板Twitterでご連絡いただければと思います。

掲示板
■Twitterアカウント:@vstcpp   URL:https://twitter.com/vstcpp


コメントを残す