VST3.6におけるサイレンス処理

VST3.6におけるサイレンス処理

サイレンス処理とは無音にする(音を出さないようにする)処理になります。
process()関数の引数 dataの入力オーディオバスにはサイレンスフラグというものがあり、このフラグが立っている場合、無音にする処理を行います。(この処理が必須かどうかは分かりません…)

実装方法としてはまず音声処理クラスにサイレンス処理を行う関数を実装します。

その後、process()関数内の「入力・出力バッファのポインタをわかりやすい変数に格納」の後に上記関数を入れます。
(バイパスパラメーターと合わせて下記のように実装します。)

silenceFlagsはオーディオバスのSpeakerArrangementと同じであるため、「どのフラグが立っているか?」を判断することで特定のチャンネルだけをサイレンスにすることもできます。

上記以外にもVST3.6についての情報があります。下記をご参照ください。

また、質問やご指摘はコメント欄や掲示板Twitterでいただけばとおもいます。

掲示板
■Twitterアカウント:@vstcpp   URL:https://twitter.com/vstcpp


コメントを残す