パラメータ情報のフィードバック

パラメータ情報のフィードバック

MIDIノートオン・オフに合わせてパラメーターを変更したり、音圧に応じて値が変わるVUメーターなど、音声処理クラスからパラメータ操作クラスに値をフィードバックさせる方法を説明いたします。

なお、パラメーターの作成などについては下記をご参照ください。

パラメータ実装方法 パラメータ自体を実装する方法
パラメータ実装方法2 0.5~30.0の範囲や文字列リスト等のパラメーターを実装する方法。
パラメータ実装方法3 「フィルタのカットオフ周波数」等の線形でないパラメータを実装する方法を記載

まずはパラメーター操作クラスのinitialize関数にパラメーターを追加します。(「パラメータ自体を実装する方法」と同じです。)

【controller.h】

次に音声処理クラスのprocess関数に値をフィードバックする処理を追加します。(ここのprocess関数は「パラメータ自体を実装する方法」をベースにしています。)
パラメーターのフィードバックにはprocess関数の引数 dataのoutputParameterChangesを使用し下記(75~97行目)のように実装します。

【processor.cpp 追加分】

以上で音声処理クラスからパラメータ操作クラスに値をフィードバックさせることができます。

フィードバックさせるパラメーターが複数ある場合は、下記のように複数回 設定します。

パラメータ操作クラスに値をフィードバックさせた後、UIなどを更新するには別途対応が必要となります。
対応方法の一つとしてUIを定期的に更新する方法があります。

上記以外にもVST3.6についての情報があります。下記をご参照ください。

また、質問やご指摘はコメント欄や掲示板Twitterでいただけばとおもいます。

掲示板
■Twitterアカウント:@vstcpp   URL:https://twitter.com/vstcpp


コメントを残す