VST SDKをダウンロードする

VST SDKをダウンロードする

VST/VSTiプラグインを開発するためにはC/C++の開発環境だけでなくVST SDKが必要となります。
SDKはソフトウェア開発キット(Software development kit)の略で、特定のソフトウェアを作成する上で必要なツール(C/C++のコードやライブラリ等)のことをいいます。

2014年6月現在、ダウンロード可能なVST SDKはバージョン3.6ですが、VST SDK 3.6にはVST 2.4のSDKも同梱されています。
VST SDK 3.6には下記のツールが入っております。

項目 VST 2.4 VST 3.6 内容
マニュアル プラグインを作るためのマニュアル(英語)。
ソースコード プラグインを作るために必要なC/C++のソースコード。データ型やクラスが定義されている。プラグイン作成時はこれらのソースコードをインクルードする。
サンプルプログラム エフェクターやシンセサイザープラグインのサンプルソースコード。
テスト用ソフトウェア プラグインを作成した際の動作確認を行うためのソフトウェア。VST 3.6用のみ同梱されている。

すでにVST SDKをダウンロード済みの場合はVisual Studioのプロジェクト作成するへ進んでください。


VST SDK 3.6のダウンロード

VST SDK 3.6をダウンロードします。ダウンロードの手順は下記のとおりです。

  1. Steinberg公式サイト 3rd Party Developerページを開く
    1. Webブラウザを立ち上げ、「http://www.steinberg.net/en/company/developers.html」にアクセスします。
  2. VST SDK 3.6のダウンロード
    1. ダウンロードリンクの書かれたページが表示されますので「VST 3.6.0 Audio Plug-Ins SDK」をクリックします。
    2. ダウンロードが開始されますので任意のフォルダを選択し、保存します。
  3. VST SDK 3.6の導入
    1. ダウンロードしたVST SDK 3.6を右クリックし「すべて展開」を選び、ファイルを展開します。
      (Windows7標準の方法です。Lhaplus等の圧縮・展開ソフトを使用していただいてもかまいません。)
    2. 展開してできたフォルダ「VST3 SDK」をCドライブ配下(C:\)に移動します。
      (移動先はわかりやすい場所であればどこでもかまいません。本サイトでは以後、Cドライブ配下にVST3 SDKがあることを前提とします。)

最後に

VST SDKのダウンロード方法について記載いたしました。

これで前項のC/C++開発環境とあわせて、ようやくVST/VSTiプラグインを開発するための環境が整いました。

次項ではVST SDK 2.4を使ったVST/VSTiプラグインを作成するため、Visual Studioのプロジェクトを作成いたします。

最新版のVST SDK 3.6のプロジェクト作成はこちらになります。


コメントを残す