ギターストローク音源 – GT-Strum

概要

GT-Strum(仮)はギターストローク音源になります。
打ち込みが面倒なギターストロークを手軽に再現できればと思い作成いたしました。

  ダウンロード→GT-Strum_alpha3

こんな感じの音を出すことができます。(音量注意)

●アコースティックギターサンプル

●エレキギターサンプル

アコースティックギターの音はlog.txt様よりいただいたサンプルを利用させていただいております。
また、エレキギターの音はWAVE CLIP 有川 有様のライン録音したサンプル「SS_Guitar」を利用させていただいております。

使い方

GT-Strum(仮)の基本的な使い方としては下記の通りです。

  1. まず、VSTのGUIを開きます。(下図参照)
  2. 開いたGUI画面で「コード選択ボタン」を押して編集するコードを選択します。(「選択中コード表示ボタン」が押されている場合は変更できません。)
  3. そして、「フレット部」をクリックしてギターのコードを入力します。
  4. 入力が終わればC4~E4(白鍵盤のみ)を押すと簡単にギターのストロークした音を出すことが可能です。
  5. 必要に応じ、画面下部のギター音色ボタンを押して音色を変更します。

20150105_howto

各MIDIノートと操作の対応は下記の通りです。
20141103_howto2

インストール方法

ダウンロード後、ファイルを解凍していただき、「gtstrum.dll」をDAWのVSTプラグインフォルダーに移動もしくはコピーしてください。
その後、DAWを起動し、デジタル楽器としてDAWに追加していただくことで、利用することができます。

  ダウンロード→GT-Strum_alpha3

仕様

本ソフトウェアの仕様は下記の通りです。

  • サンプリング周波数は44,100Hzのみ対応
  • ステレオ出力(2チャンネル)
  • MIDIにより下記操作が可能
    • ノートNo.48(C3)~59(B3)・・・ストロークするコードを指定する。
    • ノートNo60(C4)・・・指定したコードをダウンストロークする。
    • ノートNo62(D4)・・・指定したコードをアップストロークする。
    • ノートNo64(E4)・・・指定したコードをダウンブラッシングする。
    • ノートNo65(F4)・・・指定したコードをアップブラッシングする。
    • ノートNo67(F4)~76(E5)・・・6弦~1弦をピッキングする。

謝辞

log.txt様、アコースティックギターのサンプルを頂きありがとうございました。

エレキギターの音はWAVE CLIP 有川 有様、エレキギターサンプル「SS_Guitar」を利用させていただきました。ありがとうございます。

免責事項

本ソフトウェアを使用したことによって生じたすべての障害・損害・不具合等に関しては、私と私の関係者および私の所属するいかなる団体・組織とも、一切の責任を負いません。
各自の責任においてご使用ください。また、不具合の修正・要望の実装についての義務も負いません。

利用にあたっては必ずアンチウィルスソフトウェア等でチェックのほどお願いいたします。

既知の不具合

不具合内容 対応予定
ノートNo60~65のストロークを同時に鳴らすと音が途切れたり、鳴りっぱなしになる。 修正が難しいためリセットボタンを付けました

更新予定

更新予定内容 対応予定
ピッチベンドへの対応 2014/11/15 機能追加
音色の追加 2015/1/5 音色追加
VST3化 未定

最後に

不具合・要望についてはコメント等に報告いただけると助かります。
また、アコースティックギターのWAVサンプルのご提供等、ご協力いただけると助かります。

旧バージョンのダウンロード

α版→GT-Strum_alpha.zip
α2版→GT-Strum_alpha2.zip

更新履歴

更新日 更新内容
2014/11/2 α版公開
2014/11/15 音源のリセットボタンを追加。ピッチベンドに対応。α2版公開
2015/1/5 アコースティックギターサンプルを追加。α3版公開

コメントを残す