VST3プラグイン開発03 – はじめてのVST3プラグイン

はじめてのVST3プラグイン

前回はVST3のプラグインを作成する際のVisual Studioのプロジェクト作成について記載いたしましたので、今回はさっそくVST3プラグインを作成します。

今回作成するプラグインは下記のとおりです。

  • パラメーターはなし
  • 入力をそのまま出力する
  • 入力バス、出力バスは1つで、共にステレオ(2ch)

上記にある「バス」についての概念は次回あたりで記載できればと思います。

今回作成したVST3のソースファイルはこちらになります。→vst3dev01_20190506
コンパイル・ビルドの方法は簡単にこちらでご説明しております。ご参考までに。→サンプルソースファイルのビルド方法

はじめてのVST3プラグイン作成の流れ

はじめてのVST3プラグインでは、主に下記の3つを実装します。

  • FUIDの作成
  • プラグイン情報の設定
  • 音声処理クラスの作成

ここで作成するはじめてのVST3プラグインのサンプルは実行時に一部のホストアプリケーション(Sonar、VSTHost等のDAW)でエラー(例外)が発生する場合がございます。
エラー発生の際は「VST3プラグインのパラメーター実装方法1」まで進めていただき、再度試していただきますようお願いします。

FUIDの作成

VST3プラグイン開発ではFUIDというIDが必要となります。
もっと見る

VST3.6勉強中 2 – VST3作成の準備

最新情報について

ここではVST 3.6.0の開発について記載させていただいておりますが、最新版ではないため内容を更新しておりません。
これから開発を始める方は、新しいVSTバージョンで開発することをお勧めさせていただきます。

 新しいVSTバージョンの開発情報はこちら → はじめてのVSTプラグインの作り

VST3作成の準備

VST SDK 3.6でVST3を作成する際のプロジェクト作成方法についてメモいたします。
開発環境はVisual Studio Express 2013 for Windows Desktopを想定しています。

VST3の基本ライブラリの作成

VST3を作る場合は基本ライブラリが必要になります。

基本ライブラリは、ダウンロードしたSDKの中にありますが、ソースファイルからコンパイル・ビルドする必要があります。
「VST3 SDK\base\win\base_vc10.vcxproj」をVisual Studio開いて、そのままビルドすれば基本ライブラリ「base_vc10.lib」が完成します。

→VST SDK 3.6.7では方法が変更となっております。暫定的な手順はこちらです。

デバッグ版とリリース版の両方作成しておきます。
もっと見る