Vsiual Studio 2013で文字セット設定がなくなっていた

サイトを移転・整理するに当たって、開発環境もWindows XP+Visual Studio 2008 ExpressからWindows 7(64bit)+Visual Studio 2013 Expressに移行しております。

過去作成した手順を更新したり、サンプルが動くかどうかを確認しながらなので思ったより移行が進みません。

特にVisual Studio 2013 Expressのプロジェクト設定で「文字セット」がなくなったのが非常に気になります。

コンパイル・ビルドが通り、VSTのホストプログラム上でも正常に動くのですが、作成したコンピュータ以外で動かしたときに、正常に動くかどうかがわかりません…

旧サイトからの移転開始

旧サイトのパスワード紛失に伴いここへ移転しました。
コンテンツは整理の意味もかねて1から作り直しております。

コンテンツ制作環境をwikiからWordPressに移行したため、操作がわからず試行錯誤を繰り返しながらとなりますので見づらい点があるかと思いますが、ご指摘やアドバイスをいただけると助かります。

今後ともよろしくお願いします。

C++でVST作り

C++でVST作り

本サイトではこのサイトではVST/VSTiプラグイン(エフェクター、ソフトシンセ)を作成するための情報をメモしております。

【ご連絡】
このたび、VSTプラグイン開発の本を執筆させていただきました。
工学社様より2020年6月25日発売となっております。なお、誤記などについては工学社様の書籍サポートページにてご案内しております。

内容としてはC++を使って初めてVST開発をする方にむけたものとなっております。
本サイト「はじめてのVST3.6プラグインの作り」をベースに加筆し、応用的な部分を少し抑えた内容となっています。

 工学社様サイト → https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2108-1

【主なコンテンツ】

自作アプリ 自作VSTプラグイン 自作VSTプラグインを公開しております。
プログラミング情報 VST3.6プラグインの作り VSTプラグインを作成するための手順を記載しています。(SDK 3.6.13版)
簡単なデジタルフィルタ 極力高度な数学(Z変換、伝達関数 等)を使わずに簡単にデジタルフィルタを設計・実装できる方法を紹介しております。
エフェクター実装例 ディストーションやコーラス等のエフェクターの実装例を紹介しております。
SoundFontファイルの読み込み SoundFontファイルの読み込みと組み立てについて説明しております。
現在作成中です。

【その他】
■各コンテンツや掲示板Twitterにコメントに要望やご意見、応援をいただけるとうれしいです。 →掲示板

■Twitterアカウント:@vstcpp   URL:https://twitter.com/vstcpp

■Youtubeチャンネル:うつぼかずら URL:https://www.youtube.com/channel/UCDl-jNREvFXbLvmDbn-6dag

■本サイトは旧サイト(https://www39.atwiki.jp/vst_prog/)の編集パスワード紛失により移転したサイトとなります。